<< 2017年08月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2017.08.16 14:57

LAC Americaのサポート体験談1

体験談1
Kさん
1、自己紹介をお願いします。
日本では外科、精神科、療養型病棟に4年7ヶ月勤務していました。



2、国際看護師を目指すようになったきっかけは何ですか?
私は看護師になって以降、この仕事ができることに、幸せを感じていました。
大変な事よりも、患者さんが元気になる姿を見ていく事が何よりも楽しく日々勉強になり、この仕事に出会えた事に感謝していました。
それと同時に、人種、国、文化を超えて、人のケアをしたいと思っていました。


アメリカに住みたいと思ったきっかけは看護師になることではなかったのですが、アメリカに来て、英語も話せない私と会話していた人に、「あなたと話すと元気になれる」と言ってもらったことで勇気をもらえたことがきっかけです。
看護師の仕事を一生続けたい、アメリカに住みたいと思っているので、国際看護師になると決めました。



3. アメリカの看護師免許を取得すると決めてから今までで一番大変だったことは何ですか顔 普通
どうやって乗り越えましたか?
金銭面では、これまでにない程の節約生活をしました。
自炊はもちろん、外食もせず、買い物や観光もしない生活を送っていました。
出かける場所といったら、図書館が多かったです(無料なので)。
周りの方々にとても助けて頂きました。
ごはん食べさせていただいたり、食料を分けていただいたり、何かを頂くときに、遠慮はしなかったです。
感謝だけしました。また、必要な時期には人に頼る勇気もとても大事だと思いましたニコ



アメリカの社会を知らなかった事で、時間やお金を必要以上に費やしてしまうことがあったり、迷うことがありました。
しかし、アメリカでずっと生活をしている光輝さんに色々アドバイスを頂いたり、彩沙さんを含め、LAC Americaの看護師さんにNCLEX の手続きのお手伝いをして頂いた事で、とても心強かったです。



英語に関しては、とにかく話す、聞く機会を作る事を考えました。
人と話す機会があれば、例えば、スーパー、コインランドリー、学校など積極的に話したり、コミュニケーションを取るよう心掛けました。
失敗は成功のきっかけを作るので、恐れない事と、人からの助言は素直に聞く様にしました。


例えば、間違った英語を訂正してくれる事がとてもありがたいので、助言を頂けるような雰囲気も心掛けました。あとは、ボランティアに参加しました。私は机上で勉強する事が苦手なので、授業以外はそのようにしていました。

3アメリカの看護師免許を取る、と決めてからいままでで一番大変だったことは顔 普通
どうやって乗り越えたか?
はじめ、私は周りに同じような学生もいなく、友達や仲間もいなかったので、本当に孤独で、不安しかありませんでした。
今は、良い仲間に恵まれ、すごく助けられていますハート
ラックの彩沙さん、みつさんに初めて話を聞いていただき、相談できた時、そして、ヘルプしていただき、すごく心強く、助けられました。
今でも忘れません!



4NCLEX試験に向けどのように勉強してますか。
先月ニューヨーク州の正看護師国家試験願書が通り、試験日を決めました。試験に向け予備校に通っています。
問題集を解きながら困ったり、分からない時は、先輩に相談してアドバイスを頂いています。



5、これからの目標は何ですか?
看護師として、又は看護師意外でも、情熱や夢があれば教えてください顔 普通
メンタルケアの必要性をアメリカで感じています。アメリカに来る勇気を与えてくれたのは、患者さんでした。
それは、終末期の患者さんから頂いたので、私は今後恩返しをしていきたいです。

産まれてくる命が大事なのと同じくらい、最期はとても重要だと考えています。最期でなくとも、人がその人らしく生きる援助が出来たら、最高だと思います。
ずっとアメリカで生活していきたいですし、自由に好きな事をしていきたいです!看護師の枠を超えて人を幸せに出来たら最高だと思っています。


LAC Americaのスタッフ皆さんに会えて、本当に良かったです!いつも助けてくれて、感謝しています。
今後もよろしくお願いします!


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8