<< 2018年08月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2018.08.18 09:18

NCLEX-RN試験、合格しました!

皆さん、こんにちは。東京は先週の35度から急に涼しくなり26度、秋の風がふくようになりました。気持ちよく過ごせる気候です。

朝、ラインを見ると、『今お電話して良いですか?』とのメッセージ。電話に出ると『NCLEX合格しました!!!』とアメリカから嬉しいメッセージ。

そんな彼女からNCLEX合格までの体験談を頂きました。1回で試験に合格!沢山の努力をされたことがよくわかります。彼女に続いてさらなる合格の報告をいただけるよう願っています。


1.NCLEXを合格したいまの気持ちを教えてください
率直に言うと、とっても驚きました。
まずは家族や予備校の先生に電話をして泣いて喜びました。
そして応援してくれていた日本の友達や同じ目標に向かって頑張っている友達、看護学校の先生など皆んなが自分のことのように喜んでくれて本当に嬉しかったです。
少し時間が経った今、やっと勉強から解放される…という安堵に変わりました。




2.どこの州をアプライしましたか?
ニューヨーク州



3.申請までにかかった期間
2017年6月〜2018年1月(8ヶ月程)



4.願書が通ってから試験を受けるまでの期間
今年の1月下旬に願書が通り7月下旬に試験を受けたので約6ヶ月。





5.実際の試験はどうでしたか?
試験会場は思ったより小さく、全部で20席くらいありました。
周りのみんなも緊張しているのが伝わってきて私自身もとても緊張していたので正直、あまり覚えていません。
実際の試験で出た問題は、練習で使っていたUworldほど難易度は高くありませんがコンセプトはとても似ていたと思います。



6.どのように勉強しましたか?
色々と参考書や問題集など使いましたがメインは、ATIのオンラインコース(3ヶ月)を2回繰り返し、予備校(3ヶ月)と同時期にUworldを開始しました。
6月に一時帰国をして戻ってきてからも時差ボケで1ヶ月近く全く勉強をしない時期もありましたが、合計8ヶ月くらいNCLEXの勉強に当てたと思います。

私は問題を多く解くより内容を深く理解して、NCLEXの問題が意図していることをつかむことに戦略方法として焦点を当てました。
あとは間違えた問題を何回も復習して自分の傾向を知ることが大切だと思います。
他には循環器のことを勉強しているときはACLS、小児のことを勉強しているときはPALSの資格を取りながら働く際も有利になる資格を取りモチベーションをキープして実践的に理解を深めました。
そして何よりも私の強みとなったのは、ATIとSandersをミックスさせた自分専用ノートを作ったことです。



試験1週間前から緊張していたので、問題はあまり解かずノートを朝晩読み返して心を落ち着かせました。

振り返ってみると一番大変だったことは、学校の課題や試験と並行してNCLEXの勉強を進めたことかもしれません。

地道な積み重ねは常に自分との闘いですが、努力は裏切りません。不安な気持ちはみんな同じだと思いますが、試験当日は自分がやってきたことを信じるのみ!これからNCLEXを受ける方へ私の経験が少しでもお役に立てれば嬉しいです。




7.LAC Americaを利用した感想
アメリカの申請手続きは何事も時間がかかり、担当してくれた人によっても対応が違います。
私もCGFNSの書類審査の段階やピアソンビューにお金を払ってからちょっとしたトラブルがあったときなど一緒に電話をしてくださったり、一つ一つのステップを丁寧に説明・対応していただき不安を取り除いてくれたお陰で私も勉強に集中できたのだと思います。




8今後の豊富
具体的なことは未定ですが、これからOPTで働き、その間にスポンサーを見つけてビザステータスが安定してから自分の好きな分野で働き、またステップアップしていきたいと思っています。

1 | 2 | 3 | 4