<< 2019年02月
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2019.02.08 12:09

Mさん NCLEX合格 合格発表、NCLEX勉強法 Part3

Mさん NCLEX合格 合格発表、NCLEX勉強法 Part3

7、合格発表は?

 試験が終了し、私のデータがオレゴン州の看護協会に送られると、すぐに私にもPearsonVUEConfirmationメールが来ました。なんて親切なシステムなんでしょう。実は、勉強に追われていたため、合格発表に関する知識が何もなかった私です。オレゴン州はQuick Resultの機能が使える州なので、それを利用した Unofficial 合格発表は、48 business hours after taking their exam となっていました。私は土曜日に受けたので、週末を挟みます。オレゴンとの時差も考えると、え、どういうこと?となりました。
 合格発表までの時間は本当に落ち着きませんでした。私の場合、アメリカ国外の試験会場で受けていますし、きっちり何時間で発表があるとかないとかなんて情報は見つけられなかったので、余計に辛かったです。帰宅してから何度も Quick Result をチェックしてそわそわしていました。アメリカでは週末も関係なく48時間後には結果が分かったという記事を見かけましたが、私の場合には、それは当てはまりませんでした。文字通りに読んで、時差を考えると、私の場合日本の水曜日になりました。ですが、実際には火曜日の早朝には結果が出ているのを発見しました。何時に出たのかはわかりませんが、どうも計算するとオレゴン州現地時間の週が明けて月曜日の朝すぐにアップしてくれたということになるようです。結果はなんと合格していました!





8、LACアメリカの無料相談

 突然試験日が決まってしまってから、情報収集をする間も惜しんで勉強をしてきました。でも、いよいよ試験が近くなったので、実際の試験の様子を情報収集しておかなくてはとインターネット上で検索をしました。そこで初めてLACアメリカさんのウェブにたどり着きました。丁度その頃、日本でLACアメリカさんの説明会があったのですが、もうすでに勤務が決まっていたため出席することができませんでした。個別の無料相談をスカイプでしていただけて、ものすごく助かりました。
 無料相談では、30分間、試験日の詳細について経験者のアズサさんから体験を聞かせていただくことができました。試験の具体的なイメージができて非常によかったです。持ち物や服装、食料など、前もってしっかり準備することができました。試験内容についても、わからない問題に時間をかけても正解率は上がらないようだとか、メモ版の上手な使い方など有益なアドバイスをいただきました。
 また、LACアメリカさんのブログ上で、東京で試験を受けてきた方の体験談があるとお聞きしたので、無料相談の後、早速読ませていただきました。
 皆様に本当に助けられました。感謝しています。


9、NCLEX勉強法は?

 私の場合は、意図せずとも UWorld のみとなってしまいました。でも、私には丁度良かったのかもしれません。もう50歳近いので、若い方のようにはいきません。分厚い教材をサクサク覚えていく方法は、私には向かなかったのではないかと思うのです。一応本は持ってはいましたが。UWorldで問題を解きながら解説を読んで勉強する、少しづつでも進める、そういうことを繰り返しました。最初は、例えば循環器、脳神経などと分野別に勉強をしていましたが、時間がなくなってしまってからは、あえて全分野からの出題に変えて、満遍なく学習できるようにしました。完璧を目指すことを諦め、ギリギリ合格を狙う方法に切り替えました。今回落ちていたら、また「分野別きっちり勉強法」に切り替えたはずですが、、、

 UWorldで勉強して唯一大変だったのは、眼です。老眼が進んでしまいました、、、

 また、私の場合看護師経験も乏しかったので、NCLEXの勉強をしながらその知識を仕事にそのまま生かしていきました。反対に、仕事で患者様の病状や血液検査の結果、薬などを目にすることができるので、具体的なイメージをもって問題を解くことができました。もちろん、アメリカと日本では法律も薬の名前も職権も価値観も違っているし、そのまま適応できない部分も多々ありますが。

 更には、友人の小さい子供達をイメージして、発達段階の問題に答えたりもしていました(子供達、ありがとう!)。遥か昔の助産師の経験とか、もうこうなったら経験、知識の総動員という感じで勉強しました。だから、受験勉強でありながらも非常に興味深い学びとなりました。学習方法は年齢、経験、バックグラウンドによって変わるかもしれませんね。


10、これから受験する方へのメッセージ

 それぞれの目的や目標に向けて頑張っていらっしゃる看護師の皆さん!NCLEX-RNは難しい試験ですが、面白い試験だと思います。内容が為になるし実際的です。試験勉強をすることによって、皆さんの看護にもきっと活かせると思います。
 失敗することもあるかもしれませんが、どんな失敗も後から益となることがあると思います!失敗を恐れず、取り組んでいってください!
前日に新幹線の中から撮った富士山です。
東京の試験会場の帝国ホテルタワー
2019.02.08 11:58

Mさん NCLEX合格 オレゴン州申請、勉強方法 Part2

Mさん NCLEX合格 受験当日 Part2

6、受験当日は?

 地方からの受験だったので、東京に前泊しました。当日、教科書や洗面道具など試験に必要のないものを全部入れたスーツケースをホテルに預かってもらいました。





30分前にはテストセンターに入るよう PearsonVUEConfirmation メールに指示が書いてあったので、私は40分前に入りました。
ロビー受付の方は日本人らしきバイリンガルの女性で、全て日本語で対応してくださいました。

 

最初の本人確認は、受付でパスポートと両手の手掌静脈認証(手をかざすだけ)と顔写真も撮りました。試験室への入退室時には、パスポートと右手の手掌静脈認証を毎回チェックされます。
また入室検査として全てのポケットの中身、足首辺り、首回り等も毎回チェックされます。

 

教科書等カンニングと思われる物は持ち込み禁止ということでしたから、私のバッグの中は、食品、薬、財布、携帯のみでした。
携帯は、電源を切って、受付で専用のビニール袋に入れてもらい、試験が全て終了するまで開封することができません。荷物は全てロビーのロッカーに入れて鍵をかけます。

 

東京のPearsonテストセンターには、様々な種類のテストを受ける人たちが、入れ替わり立ち替わり入退室しているようです。
日本人、外国人、男性、女性、様々でした。試験室にはコンピューターが9台あって、最大9名が同時に試験を受けられるようです。

 試験室への入退室は試験官同伴です。手をあげれば来てくれます。
メモ版は最初ホワイトボードのようなものとペンを渡されますが、書いたものを自分で消すことはできません。


 試験室に持って入れるのは、眼鏡と目薬(どちらも必要な人のみ)、希望者のみに無料で提供される耳栓とティッシュです。スカーフ、腕時計は持ち込み禁止だったので、ロッカーに入れました。

 席に着き、試験を開始します。
最初Tutorialがあるのですが、コンピューター操作に自信のない私は、何かわからないことがあるかもしれないと思って、真面目に取り組んでしまいました。Tutorialに10分も使ってしまい、全部やった後で、「うん、やる意味なかったな」と思いました。
これも試験の制限時間に含まれています。

 
試験が始まり2時間経つと、コンピューターの画面が一面ブルーになります。
そして休憩を取りますかと画面上で聞かれます。
私はしっかり休憩をとりました。この辺りは、人それぞれにやり方があると思いますが、私の場合はトイレに行き、ロッカーから食料と飲みものを取り出し、栄養補給をしてからしばらくボーっとしました。休憩は、受付の人がいるロビーでとります。



 ちなみに、コンピューター画面の右上に残時間が出ているのですが(好みで、クリックして消すこともできます)、私は全然時間を見ていませんでした。
どうも残時間に慣れることができず、腕時計もなく壁やデスクにも時計がないので、ものすごく落ち着きませんでした。アナログ時計人間にはきついシステムでした。

 

試験が終わる時も、画面が突然ブルーになります。私の場合、ブルーになってからSpecial Research Sectionの画面が出てきました。
Special Research Sectionというものの存在はPearsonVUEConfirmationメールを読んで知っていたのですが、自分も当たってしまいました。
全員ではないようですね。そういうわけで、自分のテストが終わった後、余分に数十問解きました。
これは、今後の試験に向けた研究のために行われているものらしいです。
もちろん自分のテストの評価には影響しませんので、時間も正解率も気にしなくていいのですが、なにせ年齢と老眼、睡眠不足でもあったので結構こたえました。
「頑張れ、わたし。頑張れ、わたし。」と心の中で叫びながら耐え忍びました。本当に「耐えた」の一言です。



 最後も画面がブルーになり、簡単なアンケートに答えて終了です。手を挙げ、試験官とともに退室します。

 

ロビーで携帯電話の袋を開封してもらったり、ロッカーの鍵を返却したりしたら全て終了!試験さえ終われば、あっという間に帰れます。

 


結局、私の場合は3時間で140問ほど解きました。そこからSpecial Research Sectionに突入し、更に30問ほど解きました。
2019.02.01 11:43

Mさん NCLEX合格!! オレゴン州申請、勉強方法 Part1

Mさん NCLEX合格 オレゴン州申請、勉強方法 Part1

1、自己紹介

 日本在住のMです。若い時は助産師を5年ほどしていました。長いブランクを経て40代で看護師として復職しました。看護師としては、病院の療養型病棟で2年余り勤めてからNCLEXを受けました。


2、アメリカの看護師免許を取得した理由は?

 単純に、看護が好き、アメリカが好き、という理由です。家庭があるのですぐには難しいと思いますが、近い将来アメリカに住みたいと思っています。


3、申請州は?

 オレゴン州です。夫の仕事のため、かなり前ですがオレゴン州に住んでいたことがあります。友達もいるし、土地勘もあり、思い入れが深い場所なのでオレゴン州にアプライしました。


4、申請期間は?

 州の看護協会にアプリケーション用紙を出してから数えると1年余りなのですが、CGFNS(私はCES)等の書類集めの期間も含めると、実質的には3年ほどかかっています。
ブランク明けの就業と学業(通信制の大学を卒業)を両立させながらの手続きでした。

 私の場合、よくわからない手続きを一人で進めていたので、大きな勘違いに気がつかずにいました。
看護師「登録」のための書類が全て揃わなくては、NCLEXを受験できないと思っていたのです。

なので、やっと最後の必要書類を提出し、最後にPearsonにATTを申請したら、何とすぐ次の日に取得できてしまい、更に、受験の期限があと3ヶ月しかないということが分かりました。絶句しました!



普段の勉強はパソコンでした。

5、NCLEX受験までの勉強期間は?

 10ヶ月ほど。でも、メインは最後の3ヶ月。突然、受験までの時間がなくなってしまったので、「嘘でしょう!」と心で泣きながら、仕事の合間をぬって必死で勉強しました。もう終われるわけがなかったので、「少しでも進める」という姿勢に変更しました。でも実際には、激務の後で夜勉強するなんて本当に至難の技ですね、、、

 教材は結局UWorldのみ、それも6割ほどしかこなせませんでした。全部終われなかったことはとても残念でしたし、最大の不安材料になってしまいました。
 皆さんは、私のような失敗をされませんように!

2019.01.16 16:39

Mayukoさん。NCLEX合格。合格必勝法 Part1


Mayukoさん。NCLEX合格。合格必勝法
今回、ニューヨーク州に申請をし、東京で受験をされたMayukoさん。
NCLEX-RN試験に1回で合格された必勝法についてメッセージを頂きました。

臨床から離れて8年。3年大学病院で勤務後、中東の航空会社で客室乗務員、その後NYCに18ヶ月セールスインターンシップを経験し、帰国。帰国後はクリニックで勤務。(主に外国人)


NCLEX_RN;CGFNS申し込み2016年11月頃。
ATTは2017年10月末に取得。試験は11月末に受けました。
ATTが取得できたらPeasonviewというサイトで試験日を予約します。


試験料として200💲くらい払います。詳しくは、ATT取得するEmailに書かれています。

(都内の)会場はこじんまりとした部屋(オフォスビルにあります)最初に受付し、パスポートか身分証明書を渡し、指紋も取ります。
受付が完了したらコンピューターが並んで置いてある部屋に入ります。部屋の外に常に監視の人がいてガラス越しに観察しています。耳栓を希望すれば渡してくれます。トイレに行く時や席を外す時は手を上げて誘導されます。荷物は全てロッカーに入れます。


結果;Peasonviewというサイトで自分のアカウントに入れば48時間経てば結果がでます。(Unofficial Result という形で。Quick result というところをクリックすれば見れますが料金を払わないと見れません。9ドルくらいです。(オフレコ;巷では、Peason view trick という、結果が出る前に、もう一度試験の申し込みをしようとしたらRegister できないと、合格してる確率90%という。。私はこれは試しませんでした。)



教材’NYCで、現役RNをしている日本人の知り合いから、Kaplanのことを教えてもらいました。まずは、最初は日本にあるカプラン校から申し込みしました。(そこでベーシックなNCLEXについての説明がありました)分厚いテキストも付いて13万くらい。



カプランの内容は、講義から2000問以上の問題集、CGFNSの問題もあったりとかなりてんこ盛りです。
問題の難易度もそこそこ高く、NCLEXの基準に沿ってると思います。(アメリカ人の学生さんにはU-worldという教材も大人気のようです。)
半年経つと、カプラン講習(オンライン)期限が切れてさてどうしようか迷いましたが、その時点で、講義ビデオよりも、問題を解くことに集中することに決め、q-bankの問題がまだ1500問くらい残っていたので、再度申し込みました。


このとき、日本のカプラン校を通じて申し込むとまた10万以上するけれど、自分でオンラインで直接カプランに申し込むと色々なプランがある+値段が半分以下ということが判明。Q-bank と+α入ったコンテンツを100💲以下で申し込みました。
2018.12.17 08:26

NCLEXーRN試験合格しました。

I passed NCLEX-RN exam and got my REGISTERED NURSE license in the US!!

ついについに!
アメリカの看護師国家試験に合格することができました〜😭✨

まさか一回で合格できるなんて思ってなくて、本当にビックリ。仕事と勉強の両立は気が狂いそうなくらい大変だったけど、私のやりたい事に理解を示してくれていつも応援してくれた主人と、自分のことのように合格を喜んでくれた職場の先輩、そして資格取得のために力を貸して下さったみなさんに心から感謝です。1人では絶対合格に辿り着けませんでした。

まだここがゴールではないのでもうしばらく勉強の日々は続きますが…ひとまず年内は勉強から解放されて、合格の余韻にひたって過ごしたいと思います。。


2017.11.04 08:44

NCLEX 勉強方法

こんにちは。NCLEX-RN試験を10/24に受けてきましたニコ
願書をニューヨーク州に申請し始めてATT番号をもらうまでに1年3ヶ月かかりました。



NCLEXの試験対策レビュークラスをとっていたので、そのテキストとUWorldのオンラインの問題をやりました。
3ヶ月足らずでしたが、先生のアドバイス通り試験と関係のない友達やバイトとも連絡を絶ったり、本当に試験勉強中心の生活でした。



週に2日はレビュークラス、その他の日は一緒に勉強する仲間と図書館に一日中行って勉強しました。
気分が乗らない日は寝まくっていたり、近くの海を見たり、ぼーっとしたりしていました。
お気に入りのマンハッタンビーチはガラス張りで勉強机から海が見えます。






勉強時間は約1日5時間から10時間勉強していました。
始めはお弁当を作ったりしていましたが、最後の方はその時間も惜しんで、勉強をしていた大学の食堂や外食ばかりでした。   





これからNCLEX試験を受験する方の少しでも参考になればと思いこちらのブログに書かせて頂いています。
アメリカで看護師さんを目指す方が1人でも多くNCLEX試験に合格することを願って。



2017.10.11 09:09

NCLEX-RN試験に向けて 

こんにちは。彩沙です。NCLEX-RN, NCLEX-PN試験に向けてどんな勉強をしたら効率的か、皆んながどうやって勉強しているか、このBlogを通して情報を共有できる場を持てたら良いなと思いました。


ねこ にっこり Hさん勉強方法と近況報告 ねこ にっこり

NCLEX願書申請からNCLEX試験に向けてここまで順調に進んできたのも全て森本さん方のおかげです!
本当にありがとうございます。

学校にNCLEXの参考書やクラスのdiscount codeがあるか聞いたところ
ATIのオンラインクラスなら$350程で受けれると教えてもらいました。
オンラインにするか教室に通うかは来年の授業スケジュールと照らし合わせて検討予定です。

今学期は怒涛の忙しさですが、できるとこまでサンダースを進めていき
2月頃から予備校を考えています。




話しが変わりますが、先日 Children's HospitalのNew Grad Hiring Eventに行ってきました。
周りはみんなATTナンバーが届いていて試験待ち、もしくは資格を取ったばかりの人で
私のような卒業まであと1年ある人は居なかったのですが、
どんな勉強方法をしたのか、卒業までに何を準備したらいいのかなど
聞くことができモチベーションアップにつながりました!


とりあえず今の私にできることはNCLEXの勉強が最優先なので今まで週1回行っていた
Good Samaritan Hospitalのボランティアはお休みしてNCLEXが受かってから
残りの在学期間に再開しようと思っています。





1