<< 2019年02月
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2018.11.20 06:30

Motoko san blog part5 ナースプラクティショナーの実習

Motoko san blog part5

ナースプラクティショナーの実習。

学校によって時間数がかわってきますが、私が所属している学校では
カリフォルニア州の規定に沿い、最低570時間の実習時間が必須となります。


1年目は、在宅に往診にいったり、乳がんケアのクリニックで主に乳がん検診を学生としてプリセプターにつき担当しました。

プログラムも半分がすぎ、自分が専門とする、Primary care(プライマリーケア)のクリニックで本格的な実習がスタートしました。


スタートする前の正直な気持ちは、学びへのワクワク感と、
自分が本当にできるのだろうかというドキドキの不安感がミックス


実習1日目、プリセプターが一人目の診察を見学させてもらったとおもったら
「次の患者はMoko一人で診てきてね」と

History=問診
そして、
Physical Exam=診察


プリセプターに、患者サマリー&アセスメント&鑑別診断&治療計画を伝え相談
もう一度診察室にもどり、患者さんに今後の予定を説明というのが一連の流れ


プライマリーケアは、簡単に言うと、「家庭医」
慢性疾患、その他様々な問題を抱えた方が診察を受けにきます




先日受け持った患者さんは、
高血圧・高脂血症・糖尿病・薬物依存症で、
大腿骨の骨関節炎のため今年6月に手術をしたのですが、
患部の痛みがここ2週間増強し、モルヒネを処方の4倍の量を服用
これだけ問題があると、30分の予約の枠はとても短く感じます
優先順位をつけ、焦点をあててアプローチしていくのが鍵となります


実習先に、アージェントケアといって、もうすこし急性期で、
でも救急科にいくまででもないなという方がこられるクリニックもあって
そこでもローテーションで実習をしています




いつも、どんなときも
サポートしてくれ、たくさんの助言をくれるプリセプターCさん
Cさんは、NPとして30年近く働いているベテランの方
「安全な場だからおもいっきり学んでたのしんで」といつも温かい言葉で支えてくれます


疾病予防、そして
患者さんの心と体がすこしでも楽になり
QOLの向上が目標

一つ一つの学びを大切にしながら
この実習120%全力でトライしていきたいです


2018.11.19 17:42

Motoko san blog part4 看護大学院ポストマスターズコース 後編

Motoko san blog part4

看護大学院ポストマスターズコース 後編

今学期受講しているクラスの一つに、”Complex Health Problem”というコースがあります。
このクラスでは、高血圧、糖尿病、高脂血症、心疾患、肺疾患、貧血などなど様々な病気の診断方法や治療について学んでいます。
事前に宿題で講義をオンラインでみて、授業で、ケーススタディーなどを通して学びをふかめ、宿題ではグループプロジェクトでケーススタディーをしています。
来週は、この授業の中間テストがあるので、今復習をしているところです。



このような授業の他に、昨年は実技のコースで、ヘルスエデュケーターという方が、実際にそのかたの体で子宮頸部検査や前立腺の触診、乳がんのスクリーニングの仕方を実際に行うことで学びを深めることができました。


手技を練習できただけではなく、声かけの方法、そのほかに気を配るべきことについても、ヘルスエデュケーターのかたに指導をいただき今でもそれらの学びが今も強く残っています。



1年目で一番大変だったテストに、学校のシミュレーションラボの診察室で、患者役のアクターに対して時間内に問診&診察をして、10分以内でインストラクターに患者のサマリーとアセスメント、鑑別診断、検査や治療内容のなどのプランをまとめ、また診察室にもどり、患者に指導をするというものがありました。


その試験では、2つの角度からすべての過程をビデオカメラで撮影され、別室で先生がみて評価していたりと、とても緊張し、大きな山となった試験でした。



問診、診察後、鑑別診断についてまとめて、プリセプターに伝えたり、治療方法を様々なガイドラインをみてその患者さんにあったものを決定するのに、格闘し、まだまだ勉強が必要だと痛感しているところです。




次回は、実習の様子をレポートさせていただきます!
2018.11.10 09:29

NCLEX-RN試験勉強方法

こんにちは。ブログへの多数のコメントありがとうござました。
先日もNY州でNCLEX試験に向け勉強中の方から、どんな教材を使ったら良いか?教えて欲しいとコメントを頂きました。

私はサンダーズの本を3回、その後カプランの本を1回、ATIの模擬試験、U-Worldのオンラインコースを2回やりました。
その他にもHurst Reviewをダビングし運転中はその音声をなんども聞きました。
予備校はKSK Training Centerに通いました。

こちらはKSKの教材の1ページなんども毎日書いて覚えました。

予備校ではテスト勉強を始める前に自分がどんなスタイルで勉強するのが得意か判定する心理テストを受けました。
私は目で見て覚えるタイプではなく、耳で聞いて覚える、そして動くながら覚えるタイプの人間ということがわかり、なるべく歩きながらや運転をしながら音声を聞いて覚えることや、ジムで歩きながらレクチャーを聞く、覚えるリストを作り、ZUMBAをしながら頭の中でなんども唱えるなどが効果的でした。


ブログの中だけでは語れないことも沢山、あります。

勉強方法に悩んでいる方は良かったら、無料相談のページからメールアドレスを忘れずに書いてご連絡いただけたら、お返事させて頂きます。

メールアドレスが書かれていなく、残念ながらお返事できないことがよくあります。

最近NCLEX試験に合格された方達も勉強方法について相談に乗ってくれます!!!

Torranceのオフィスに加え、El segundoのオフィスでも無料相談を受け付けております。
次回は New Officeについて書かせて頂きます。
2018.11.09 12:36

NCLEX 3 (Practice)

現在、就活もしくは進学するか

先々の選択を迫られている状況の中

戦っています。(誰もがぶち当たるVisaとFinancial問題)





何が現実的で何が妥当なのか。





OPT一年と限られた期間の中、

非常にsevereにそしてtightに

選択肢を突き付けられます。






けれど結局こういった環境の中で

勝負しないと人も物も磨かれない

強く実感しています。





(自国じゃ味わえないこのsurvival感です)





その中でこそ本物のアイデア・価値観が創造され、

イノベーションを生む大きな要因

になっているのでしょう。






自分には必ず必要な事なので、

どんな状況下でも

発想転換できる訓練だと思ってます。






数か月前、アメリカのアリゾナ州で、

とある病院の同じ病棟から

同時期に16人もの看護師が妊娠していたという

ニュースが飛び込んできました。




(マジかよ。16人って半端なくね?)




看護師不足が深刻化する中、

病院側は系列の病院から早急に人材を派遣、確保

また同時に、胎児への影響を考慮して

その妊婦看護師に放射線治療に従事させないなど

全面的に支援態勢を整備しました。




(そのスピード感、半端なくね?)




しかも、米メディアは

このニュースを明るい話題として

全国に伝えています。




(マジでIncredibleじゃね!?)




このマネジメント力意識改革が大きく

イノベーションに関わる要因になると感じます。





では日本はどうでしょう。





妊娠するだけで師長に怒られる事や

妊娠する時期をも

考えてマネジメントしろと

無茶苦茶な事をいう師長がいます。





いやいやニッパチ闘争から教訓しろ!!

と怒号したくなりますね。





看護においてもイノベーションを、

起きやすくする環境を最優先に

僕達が創り出さなければいけない

と心底感じています。







APN(上級実践看護師)の人達だけではなく、

様々な分野のエキスパートを参入させ

システム整備をしないと

日本看護の明るい未来はまだ近くはないでしょう。




今後も色んな角度から

自分なりのビジョンと掛け合わせ

記事を書いていきます。(不定期ですいません)





さて、前回に引き続いてNCLEX第三弾(Practice)

について記述していきます。






”ズバリ練習あるのみ”です





とってもとっても当たり前の事ですが、

多くの問題に触れるというのは

大前提になっていきます。





コツを掴む事や、NCLEX2でも記述した様に、

何を問うてきているのかなど

本質的な部分を体系的に学び

慣れる事
が重要です。




いかに多くの問題に触れ

バリエーションを増やせるかが

大切になってきます。






いくら問題を解いてても、

本質的な部分が理解できないと

ゴールは遠いでしょう。






そして、一つの分野や問題を理解しようと、

深く掘り下げても視野が狭くなれば

その問題のみしか正答を導く事はできないでしょう。





バランスがとても重要になってきます。





何度も言いますが”自分に合った勉強法を

いち早く獲得し染み込ませる作業”
となるのです。




戦力的にこなす事も

自作ノートを作る事も

youtubeで視覚的に理解する事も

幅広く問題に触れる事も


バランスを考え一日のノルマなどを決めて

作業していく事が鍵となります。





ちなみに自分は合計1万2000問くらい解きました。

おかげで幅広い問題と知識が

今も記憶に残っています。笑





近い未来、オンラインで日本人向けに

NCLEX講座など開催できたらと思っています。







今も不自由さの中で

看護の可能性と共に現場で戦っているあなた。







必ず共にキャリアアップし

同じ舞台で一緒に仕事しましょう。








大事なことは他の環境を求めるよりも、

自分自身を見つめ変えていく事が人生にとって

必ず成功を勝ち取る鍵だと信じています。






自分も少しずつ力をつけて参ります。

今後とも応援よろしくお願いします。







次回は要望によりアメリカNPについて

自分なりに記述していきます。


アメリカでもNPに対してまだまだ

独立性・自律性が不足していると言われています。





DNPを率先し勧め、

底上げを狙っている動きが2015年より始まっています。

と話は尽きなくなるので次回へ!!






"すべては一人の深き自覚から始まる"




NEW ERA OF NURSING!!!




11/09/2018 kentonesu32


My Blogはこちら↓↓↓
http://kentonesu322.hatenablog.com/
2018.11.08 14:40

K1 visaでルイジアナ州へ渡米予定。Jさんよりメッセージ

K1 visaでルイジアナ州へ渡米予定。Jさんよりメッセージを頂きました。

自己紹介
10月にK1ビザが承認され、同時期に仕事も退職予定です。
現在は残りの日本生活を満喫しています。

日本での看護師経験はオーストラリアに留学していてブランクがあるので8年です。

旅行・食べ歩き・映画鑑賞・読書をするのが大好きです。

この写真は最近旅行した時に撮影しました。



私の渡米スケジュールですが12月半ばにルイジアナ州へ渡米予定です。
アメリカの看護師ライセンスを取得したいと思った理由は学生時代からの夢でした。
偶然アメリカの方と結婚する縁に恵まれ、彼も応援してくれているので、本気で頑張ってみようと思いました。


LAC Americaのサービスはいかがでしたか。
無料でとても親身にお話を聞いて下さいました。ルイジアナ州の制度についても確認して頂いた事、今後の流れ等細かく教えて頂きとても感謝しております。本当にありがとうございました。



どんな相談をされましたか
CGFNSやBSN編入について。



LACアメリカをしったきっかけ
NCLEX-RNをパスした知人から教えてもらいました。



アメリカのライセンスを取得後の目標
大学編入・実務経験を経て、将来的には興味がある分野のNPを目指したいです。


2018.11.01 03:05

ホスピスオフィスでのハロウィーンランチ

ホスピスオフィスでのハロウィーンランチ
皆さん。Happy Halloween!!
ハロウィンの日は毎年恒例、私の勤めるホスピスではランチの時間にポットラックパーティーが行われます。
アメリカで多いポットラックとは、皆んなそれぞれが何か一品料理を持ち寄って参加する形態のパーティーです。

私は今年は豆腐で作ったみたらし団子を持って参加しました。



そして今年のコスチュームはワンダーウーマン、息子は恐竜。(可愛い亀さん!と言われました 笑)


コスチュームはビビナビで購入。びびなびロサンゼルスは個人売買ができる日系のコミュニティーサイトで、何か中古で購入したいときはとっても便利です。

昨年は仮装をしての患者さん訪問をし、患者さんにとっても喜ばれました。なかなか家や施設から外出できない高齢者は多く、季節を少しでも一緒に感じられたらと思って、工夫しています。

11/23はThanks Giving。年末まで数ヶ月となりました。やり残したことは沢山。少しずつ進めて、そして季節折々の行事も患者さん、職場の仲間とみんなで楽しみたいと思います。

2018.10.31 03:45

Motoko san blog 看護大学院ポストマスターズコース 前編

Motoko san blog part3

看護大学院ポストマスターズコース

現在サンフランシスコの看護大学院のPost Master’s Certificate Programでナースプラクティショナー(NP)を目指しているMotokoです。

10年前に、現在通っている同じ大学院で「Oncology Clinical Nurse Specialist (CNS)」のコースを修了し、修士号を取得しました。



その後、アメリカのがん医療の現場で経験を積むなかで、ナースプラクティショナーになり、がん医療にもっと携わりたいと夢が膨らんでいきました。



現在、修士号を取得した看護師が、ナースプラクティショナーの道に進むにあたり、二つのオプションがあります。一つは、博士号のDoctor of Nursing Practice (DNP)、そして二つめが、上記に記載したPost Master’sプログラムがあります。



ポストマスターズのプログラムとはどういうものなのか、日本の友人だけではなく、アメリカ人の友人からもよく質問をうけます。



簡単に説明しますと、看護の大学院を卒業し、すでに修士号をもっている看護師が、自分が修了したコース以外の資格を取るために、不足のクラスや実習をすることができる修士課程の延長のコースです。


私の例で説明すると、以前取得したCNSコースとNPコースは、病態生理や、薬理学、フィジカルアセスメントなど必須教科がかぶっているので、それらのすでにとったコースは免除となります。ポストマスターズでは、CNSコースでは必須ではなかったけれども、NPコースで必須の教科をとり、そして、NPに必要な最低500時間の実習をすることができます。


私が通っている大学院は、オンラインのクラスもいくつかありますが、教室で受けるクラスが主です。
自分自身、オンラインの形態よりも実際に直接人に会って講義を聴いたり、ディスカッションをするほうが学びを深められることができるので、オンラインコースの学校ではなく現在の学校を志望しました。




クラスは週に1日朝から夕方まで授業があり、その他の1日実習というスケジュールです。残りの日は、看護師としてがんセンターで仕事をしています。


10年前にCNSコースにいたときは、ビザの関係で仕事ができなかったのですが、現在は仕事をしながらなので、大変ではあるのですが、NPコースで習ったことが看護師として働いていても、いろいろな場面で役に立つことが多く、学ぶ楽しさを改めて感じているところです。

2018.10.15 05:45

ファミリーナースプラクティショナーを目指して 大学院の宿題編


こんにちは。彩沙です。今日は日曜日。日曜日にすることと言ったら1日大学院の宿題提出。子供が寝てる時間しか勉強ができないので、集中して勉強を進めてます。

9月にファミリーナースプラクティショナーのクラスに産休から復学し1ヶ月が経ち、自分の勉強のペースができてきました。

私の通うWCUでは、1年半はオンラインのコースで、最初の1年間はMSN(Master of Science Nursing)
のクラスとFNP(Family Nurse Practitioner)のクラスが同じカリキュラムになります。
私の通う大学院では、FNPプログラムへはアメリカでの看護師経験が1年間無いと入学できないため、私はMSNのクラスに入学し仕事をパートタイムでしながら大学院に通い、1年の経験ができてからFNPコースへの編入試験を受けました。





1週間で2回宿題の締め切りがあります。まずは前半は教科書を読み、パワーポイントを読むそしてディスカッション問題に返信をしていきます。自分が答えを投稿する他に、クラスメート最低2名へコメントが必要。300文字以上。
そして週の終わり日曜日は論文、もしくはプレゼンテーションをオンラインで載せていきます。


息子を膝にのせながら勉強は続く。。。

ディスカッションは上級薬理学のクラスではケーススタディが多く、患者さんに薬を処方する際に、副作用含め気をつけることや教育についてなど、非常に実践的でやりがいがあります。

こちらは宿題の一例です。

Jana, a 36-year-old single mother of three children, has a 15-year history of asthma. For the past month, she has been using albuterol every day. Previously, she had been using the inhaler every 3 to 4 months. She is in the office for a refill. What further information is needed to treat this patient and why? What clinical guidelines should you refer to for her medication management and why?




上級薬理学のクラスでは2週間に1回試験があります。試験もオンラインで受けますが、カンニングができないよう上手くできています。
まずは試験を受ける前にパソコンで自分の写真を撮り、身分証明書の提示があり、試験中は様子をレコーディングされます。40分間で20問。1問2分以内に解かないといけません。


あと3ヶ月でいよいよ学校での授業と実習が始まります。

実習がどういう感じなのかまだまだ未知の世界。楽しみよりも不安の方が大きいです。


この写真は私がアメリカの来て最初に住んでいた家から撮った景色です。
RN to BSN(看護大学)から帰宅し毎日宿題、テスト勉強に追われながらもビールでヤシの木を見ながら一人自分へのご褒美に乾杯をしモチベーションをあげてました。




現在Post Master programでナースプラクティショナーを目指して勉強中のMotokoさんに実習の様子を伺いました。
次は実習の様子を別のブログで載せさせて頂きます。


1 | 2 | 3 | 4 | 5  >>次へ