<< 2019年02月
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2018.07.10 11:20

ホスピスナース タミさん ブログ1話 アメリカで大学院進学を決めた理由、入学準備

皆さん、お元気ですか?
東京は梅雨が明け、毎日30度を超える猛暑が続いてます。
私は今も東京に滞在していますが、明日はとっても楽しみなことがあります。
アメリカのホスピスで一緒に働いていたタミさんが東京に来てくださることになり、一緒にスカイツリーでランチをします。

今日はアメリカでホスピスナースとしてお仕事をされているタミさんからブログにメッセージを頂きました。
アメリカでどうやって進学をしたか、どうやって看護師になったのか、タミさんの経験談が含まれています。



1、まずは自己紹介
日本での看護師歴は6年程度です。アメリカには二度滞在しました。
一度目の渡米は、まずニューヨーク州の大学院で修士課程を収めました。
専攻は高齢者看護と看護教育でした。修士課程修了後にカリフォルニア州に移動し、1年間subacute hospitalでRN(Registered Nurse)として勤務しました。
その後、いったん日本に帰国しました。
日本で急性期病院で夜勤専門看護師として働きながら、看護大学で高齢者看護学の教授の元で非常勤の実習助手をしていました。その後、その大学で博士課程に進学し、修了しました。
現在は結婚を機に2度目の渡米をし、在宅ホスピスのフィールドナースとして働いています。



2、アメリカで大学院進学を決めた理由

大学時代に行った海外研修で、アメリカの看護を学びたいと思ったことがきっかけです。



3、 大学院入学の準備 Requirement
大学院進学に関しては全て日本で準備しました。
留学カウンセラーの元で、必要なものや留学後の生活についてなどレクチャーを受け、渡米の準備に1年間かけました。
大学院出願時に必要だったものは、成績表、取得単位数、TOEFL、GRE、職場の上司からの推薦状、出身大学の指導教授からの推薦状、志望動機のエッセイなどでした。
TOEFLとGREに関しては指定の点数に達するまで受け続けました。
推薦状は、出身大学の教授1名と職場の上司2名にお願いしました。
実際には私が英文で書いたものを日本語に訳し、推薦者の方たちに内容を確認してもらいました。
志望動機のエッセイは大学院毎に準備しました。
出願時にはアメリカのRNのライセンスは持っていなかったので、ライセンスを必要としない大学院を選択し、10校ほどに出願しました。
一部の大学院では書類選考の後に電話面接があったので、留学カウンセラーに想定問題を作ってもらい、面接の練習を何度もしてもらいました。

2018.06.22 22:20

7/16シンポジウム後のアフターイベントのご紹介

7/16の東京大学にて行われる、じゃぱんぱシンポジウムにて
NP(ナースプラクティショナー)の歴史、NP学生が今やるべきこと。
を私、森本彩沙がパネラーの1人としてお話させて頂きます。

またこのシンポジウムにお申し込みの方へ。
イベント後にアフターイベントを有志3名の方が企画してくださりました☆
メインのイベントは150を超える方々がおいでくださる予定のため、ゆっくりお話をする事が出来ないこともあると思い企画してくださりました。
新しい看護についてみんなでお話しませんか?
人数で会費は変動しますが、こじんまりの会になりそうなので5000円以下に抑えるべく手配を頑張って下さってます。



楽しみですね〜〜
7/16も、もうすぐになってきました。皆さま宜しくお願いします☆



定員は180名満席となりましたが、まだキャンセルの方の分若干名席があるようです。
申し込み、間に合わなかった方がいらっしゃいましたら個人的に連絡ください♪



2018.06.22 22:05

アメリカからの嬉しい連絡。グリーンカード取得。

皆さんこんにちは。
昨日はアメリカからとっても嬉しい連絡がありました。
内容は念願のグリーンカードが届いたとの連絡。

彼女がどんだけ大変な思いをしてアメリカでの永住権取得を望んでいたか知るだけに、とってもとっても自分のことのように嬉しかったです。

彼女との出会いはアメリカでの看護大学、私たちはクラスメートというだけでなく、家が1ブロックしか離れて居ない、ご近所さんでした。私が渡米し、大学の授業についていくのが精一杯だった頃、彼女の存在は大きく、毎日一緒に帰って、帰り道に我が家に寄って夜まで一緒に宿題をやりました。

彼女は韓国にいる時からNY州のNCLEX申請をしており、私より1年早くNCLEX試験を受験しました。彼女の試験日、試験の時間に合わせて私は模擬試験をやりました。
私は当時、まだNCLEXの願書はとおってませんでしたが、彼女と一緒に早くからNCLEXの勉強を始めたのが1回合格に結びついたと感じます。

私の話に話が逸れましたが、彼女はニューヨーク州のNCLEX-RN試験合格後、カリフォルニア州へ免許の書き換えをし、カリフォルニアでビザスポンサーを見つけ、グリーンカード取得しました。
カリフォルニアでのビザスポンサーを見つけるのは難しいですが、不可能では無いということがわかります。

彼女の仕事への夢が現実となり、働きたい環境で看護師として働けますよう、いつも願ってます。





2018.05.04 21:40

心も体もリラックス。NPコース休学

こんにちは。彩沙です。皆さんお元気ですか?私は3月30日に元気な男の子を出産しました。やっと1ヶ月検診を迎えることができました。

子育てとNPのクラス、そしてLAC Americaのお仕事、なかなか両立がうまくいかず、NCLEXのサポートではすぐにお返事を返せなかったりご迷惑をおかけしてごめんなさい。

やはりあれもこれもはうまくいかない。
何が大事かを見極めて優先順位を決めること、一番大事なことにおもいっきり力を注ぐことが良い成果を出す秘訣とエッセンシャル思考という愛読書で学びました。

そんなこんなでNPの大学院は4ヶ月間お休みをいただく手続きをしました。

忙しい中でも心も体もリラックスを心がけていきたいです。
皆さんも心身ともに元気でありますように。


2018.05.04 21:13

NY NCLEX申請について

こんにちは。初めてこちらでブログを書かせて頂きます。
そして、1、2枚目はトパンガ、3枚目はハワイ、4枚目はダウンタウンからのお写真を届けさせていただきます。


NCLEX申請に関して、カリフォルニアを最初希望していましたが、現在カリフォルニア申請が厳しいため、ニューヨーク州で申請しました。


申請から今日までに何ヶ月かかりましたか。
ラックアメリカさんにお願いする前他の会社に頼んでいたのでtotalすると10ヶ月はかかったと思います。


CGFNSの評価が完了したと知って今のお気持ちを教えてください。
やっと終わったな〜という気持ちとともに、そろそろ本腰入れてNCLEXの勉強を始めなきゃいけないな!と思っています。
色々な事があり学校も忙しくなかなか申請は大変でした。
やっとNCLEXスタート地点に立ったという感じです。





ラックアメリカにお願いしようと思った理由
私は最初は違う会社にお願いしていました。
その会社は書類作成だけなのですが、看護大学に入学した後、書類に不備があり審査が進まずとても困っていました。
自分では何が不足しているのか分からなくて、大学の授業もあり書類の締め切りもあり
とても困っていた時にクラスメイトにあずささんを紹介していただきました。
まだお願いしようと決めたわけではないのにあずささんはとても親身に話を聞いてくださり、何度も相談に乗ってくださいました。
こういう親身な話をきちんと聞いてくださる対応は日本人らしい看護師らしい方だと思います。
ここはアメリカですが、私は日本人です。きちんと進んでないと不安になるしお金がかかることは用心深くもなります。そんな時あずささんは、「分かる分かる!私もそうだったし、大変だよね。一緒に頑張りましょう!出来ることはサポートするし」と言ってくださいました。それがラックアメリカさんにお願いしようと思った理由です。



実際お願いしてみての感想。
何か不安なところがあったらすぐにメールしたり電話で確認できてとても安心できました。
不安があれば会って一緒に確認してくれます。
日本人の人はそんなの普通じゃない?と思うかもしれないですがそんな会社全然ありません!笑
まだサポートしていただいてる途中ですが、質問があればすぐに対応していただけるし、あずささん自身もCAの審査、NCLEXを経験しているので色んな意味で大先輩です。笑
やはり実際に経験して知識がある人とない人にサポートをお願いするのでは全然違うと思いました。





アメリカでどんな看護師になりたいか。
私は日本で7年間看護師をやってきましたが、まだ自分がアメリカでどんな看護師になるのか正直、想像できません。笑
なぜなら日本とアメリカでは全然看護師の印象が違うからです。
それでも忘れてはいけないと思うのは患者さんの気持ちを考え行動すること。
元々ERで働くのが夢でした。なので将来はERでバリバリ働きたいと思っています。


2018.04.29 18:20

NCLEX NYの願書が通りました!

NCLEX NYの願書が通りました!!

願書が通るまでにかかった期間。
9か月間程

申請は日本、アメリカどちらでしましたか?
アメリカから


願書申請をしてみてcgfnsとのやりとりで大変だったこと。
日本⇆アメリカから送った書類がちゃんと届かないこと。
いくつかのステップがあり最終的に受理されるまでに時間がかかること。
書類は学校とcgfnsのやりとりのため書類不備などがあった際は、どこの部分にミスがあったのか分からないので何度か学校に追加書類が届いたりもしましたが学校と彩沙さん達の迅速な対応により比較的スムーズに申請が進んだと思います。

LAC Americaのサポートを使って良かった点。
小さなことでも親身になって、いつでも相談にのってくれる事。
英語が苦手な上に、NCLEX申請手続きに関して何一つ分からなかった私にとっては申請手続きのステップから必要書類の記入方法など詳しく説明していただき本当に助かりました!



願書が通ってまず誰に伝えましたか?
家族、あずささん、申請中お世話になった看護学校の先生

NCLEX試験に向け、何の参考書やYouTubeを使っていますか。
SandersとATIのオンライン授業を同時進行で進めて1回目のコースが終わってから、予備校とU world, ATIオンライン授業2回目を受けています。You Tubeはあまり使っていませんが、pod castのMed Master nursing pharmacologyを移動中などに聞いています。

予備校のトライアルについて。
予備校では熱意のある先生が重要ポイントをとても分かりやすく説明してくれて、1レッスン4時間の授業ですがあっという間に過ぎます。さらに試験に対するモチベーションも上がり、余談も含めて楽しい授業です。



今後試験に合格したらどんな看護師になりたいか。働きたい分野など。
具体的に働きたい分野は決まっていませんが、日本での看護師経験も浅いため年齢層に関係なく対応ができるよう経験を積んで知識と判断力、スキルをつけることが目標です。アメリカでも日本の看護のように繊細で患者さんやその家族の心に寄り添える看護をしていきたいです。



この写真はよく行く図書館で休憩にサンセットを見たり、散歩をしながらお花を見つけたりして勉強の合間に楽しみを見つけています。



インターンシップの説明会の写真。
病院の人とも直接お話ができ、参加者のRNともお友達になれてモチベーションが上がり色々情報交換ができたので良い機会になりました。
2018.04.19 17:55

We are all Japanese Advanced Practice Nurses ~共に考えるAPNの可能性と未来~

https://sites.google.com/site/japnpaa/form/
We are all Japanese Advanced Practice Nurses
~共に考えるAPNの可能性と未来~

というイベントがあります。7月16日月曜日(祝日)です。

アメリカ、カナダ、日本に居るAPN上級看護師があつまり、共に上級看護師の可能性と未来について話し合おう!というシンポジウムです。

私、森本彩沙もパネラーとしてNPナースプラクティショナーの歴史、学生の時にこれだけはやっておきたい事☆をNPの学生としてお話させて頂きます。

パネラーはJAPANPAAに所属されているアメリカ、カナダで活躍中のNPさん、日本で活躍中のCNSの方始めとっても豪華なメンバーです。

ボランティアも現在募集中です。お手伝いして頂ける方いらっしゃいましたらご連絡ください。
宜しくお願いします☆
2018.03.27 18:26

LAたまご会

"https://www.facebook.com/LATamagoClub/posts/156377811741249" /
初めまして。Momoです。

初めてこちらでBlogを書かせて頂きます。まず私自身が渡米してからどんな活動をしているか今日はご紹介したいと思っています☆

☆自己紹介☆



東京慈恵会医科大学医学部看護学科を卒業後、東京慈恵会医科大学附属病院にてNICU(新生児集中治療室)、小児科、脳神経外科、形成外科、呼吸器内科にて勤務。
その後、NICUから自宅に帰った医療ケアの必要な子どもたちに、訪問看護師としてベビーマッサージやリハビリなどのケアを行いつつ、慶應義塾大学病院にて、小児在宅医療についてのプロジェクトなどに参加。

2015年アメリカLos Angelesに移住。UCLAにてInternational Loving Touch Infant Massage Instructorの資格取得し、日本人ママを対象にベビーマッサージを教えている。
2016年アメリカで男の子を出産。
2017年ママ友と2人で、ママのためのベビーマタニティ用品オンラインショップ「NEST for baby」を起業。
妊娠出産について多方面から学ぶため、現在Doula・RN(アメリカ正看護師)の勉強をしている。 1歳半の男の子の子育て奮闘中で、2018年1月に第二子出産。




LAで妊活中〜妊娠・出産・育児を含め、プレママをサポートする会「LAたまご会」をドゥーラ、マタニティヨガインストラクターなどのメンバーと立ち上げました!



マタニティヨガ、産後ヨガ、妊活ヨガの講師、周産期のママをサポートするエキスパートドゥーラ、ベビーマッサージの講師などと共にアメリカで妊娠出産をされるママ達に役立つ情報を発信していきます❤️
今後イベントも開催予定です。詳細はFacebookページをご覧ください!
https://www.facebook.com/LATamagoClub/


渡米を考えている皆さん。目標とする看護が見つかり、そしてアメリカ生活が楽しいものになりますように。
多くの人と繋がることで、看護師として新たにできることが増えていくと思います。
これからもよろしくお願いします。

Momo
<<前へ  6 | 7 | 8 | 9 | 10  >>次へ