2018年08月
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2017.11.28 13:23

LAC Americaのサポート体験談4

体験談4
K.Sさん
1自己紹介をお願いします顔 普通
都内の某大学の看護学科を卒業。
数年の内科系病棟を経て、放射線科検査室に配置されました。現在、主に血管造影室にて勤務中です。



2国際看護師を目指すようになったきっかけは何ですか顔 普通
インターベンションエキスパートナース(Intervention Nursing Expert)の受験勉強をした際に、米国での看護師の活躍を聞き、憧れを持ちました。



3アメリカの看護師免許を取得すると決めてから今までで一番大変だったことは何ですか?どうやって乗り越えましたか顔 普通
アメリカに行かなくても日本でNCLEX試験の願書申請ができ、受験も日本でできる事をLAC Americaのスタッフの方に教えて頂き知りました。日本で仕事を継続しながら願書の準備、受験勉強ができておりすごく感謝しています。
普段の勤務と勉強時間の両立が大変で、現在も乗り越えられるよう努力中です。



4NCLEX試験に向けどのように勉強してますか顔 普通
LAC Americaのスタッフさんは看護師でありNCLEX受験勉強の方法について、どのテキストが良いか、模擬試験、試験会場の様子についてなど経験者ならではのアドバイスを頂き心強いと感じました。
NCLEX試験では病態の理解を求められる部分が多く、単純な丸暗記に頼らないようにしています。



5これからの目標は何ですか顔 普通
看護師として、又は看護師意外でも、情熱や夢があれば教えてください顔 普通

今は試験に向けての準備が大変で、米国での生活などは正直想像できないところがあります。生活が落ち着けば、広い米国内を旅行してみたいです。日本では外国人の患者さんが増えて病院内で英語を使う機会が増えています。
外国人の患者さんが日本で医療を受けやすい環境になるよう、アメリカで看護師として経験を積んだのち、日本に戻り日本の看護の進展に貢献したいです。



この記事へのコメント
コメントを書く
名前

タイトル

ホームページ

コメント

パスワード(削除用)
保存する   
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:https://lac-america.com/blog/cgi/tb.cgi/2017115